Nature Futureのお約束

フリーズドライを知り尽くした私たちが目ざしたのは、上質の味わいでした。
自然の豊かな恵みを生かし、知恵と技で新しい味を創り出す。
そんな食の未来につながるモノ作りにこれからも取り組んでまいります。

自然本来のおいしさを
食卓までお届けします。

Nature Futureでは、自然の持つ生命力を活かすことがおいしさへの近道と考えます。
自然の恵みを浴びて育った野菜や海の幸を素材として使い、おいしさをそのままフリーズドライにし、みなさまの元へお届けします。

素材重視を突き詰めると
有機野菜にたどり着きました。

自然本来のおいしさを求めて、辿り着いたのが有機野菜。農薬や化学肥料を使わず、のびのび育てた野菜はたくましく栄養価が高いうえ、野菜本来の旨みや甘さがあります。
そんな有機野菜のおいしさに魅せられ、ついに自営農場を開墾。遠く離れたタイの地で、滋味豊かな有機野菜を愛情込めて育てています。

自営農場について

生産者は大切なパートナー。
心が通えば、実りも豊かに

原料には徹底的にこだわります。産地に足を運び、品質を確かめ、ときには作業を手伝います。そうして生まれた信頼関係が、良質な素材の安定供給につながっています。

素材の鮮度や良さを
いかした作り方。

作りたての食感を味わうために、素材の鮮度も大切にして作っています。きのこは前日に収獲し、すぐに加工しているので絶妙な歯ごたえが味わえます。 鮮度はおいしさのキメ手。フリーズドライでも同じです。

お湯を注ぐだけの一杯に
摂りたい栄養がいっぱい

自然本来のおいしさを求めて、辿り着いたのが有機野菜。農薬や化学肥料を使わず、のびのび育てた野菜はたくましく栄養価が高いうえ、野菜本来の旨みや甘さがあります。
そんな有機野菜のおいしさに魅せられ、ついに自営農場を開墾。遠く離れたタイの地で、滋味豊かな有機野菜を愛情込めて育てています。

商品を見る

野菜も、自然も、
何ひとつ粗末にしない。

私たちの今は、子どもの世代に、そのまた子どもの世代につながっています。
Nature Future のキーワードのひとつが「循環」。
商品づくりにおいてはもちろん、エネルギー面においても太陽、水などの自然エネルギーを効率よく取り込めるシステムも導入し、自然との循環に取り組んでいます。

土から得たものは、土に還す。
自然の循環に沿ったモノ作り

たとえば、ほうれん草。根に近い部分の茎は、商品としては使えないのでカットしますが、廃棄処分にはしません。集めて乳酸発酵させ、有機調味料として使います。
さらに、その調味料作りの行程で出た搾りかすも捨てずに堆肥にし、土に還しています。
肥えた土がまた新たに有機野菜の命を育てる…昔から続けられてきた農業の営みが、ここでは今も当たり前のことのように続けられています。

厳格な基準を設け、
安心・安全を守ります。

安全で高品質な商品をお届けするため、私たちは素材の調達先や生産ラインに厳格な基準を設けています。
すべての生産と輸送の経路にも透明性を保っているので、万が一のトラブルにもすぐ対応。この取り組みは国際的な基準にも合致しています。さらに、味気ない機械だけでなく、生産には経験豊かな人間がかかわっています。見た目、匂いや手ざわり…人間の五感をフルに使って最後の「おいしさ」の基準を満たしたものだけが、みなさまの食卓へと届けられます。

安全基準について